タクシーの求人募集に応募しよう|初心者でも安心のジョブガイド

本に情熱を持つ人が重宝

話し合い

業界の経営は難航している

出版業界はここ数年の活字離れなどの影響で売り上げは年々減少傾向にあります。収入源も広告収入に頼ることが多かったのですが、不景気のあおりで広告収入が減少し淘汰される会社も少なからずあります。大手と呼ばれる出版社が生き残りをかけて新商品などの開発を行っていますが、デジタル版の書物などに押され、経営は難航しているのが現状です。出版業界にも種類はたくさんあります。出版書物の取り扱いにも多岐にわたり、マンガやファッション、スポーツ、実用書など様々なジャンルが存在します。トータルで扱う総合出版社から専門的に扱う中小の出版社まで数多く存在しています。興味のある分野を目指しているのであれば、中小でも専門的に扱う会社のほうがやりたいことに直結する強みがあります。

本が好きなことが大事

しかし経営は大手に比べると苦しいところが多く、好きな仕事だけするわけにはいかない現実があります。読者に購入してもらうことが第一になるため作家との打ち合わせなどもしなければなりません。印刷会社へのスケジュールの調整など作家との間で苦しい調整を行う局面も存在します。そのため、本が好きだからという単純な理由だけで仕事が務まるものではないことは初めから認識しておく必要があります。しかし本が人生を変えることも多く、世の中の社長と言われる企業のトップも一冊の本がきっかけで経営者になったケースもあります。本が好きでその本をできる限り多くの人に読んでもらうことを仕事の術とするのであれば、出版業界のような厳しい仕事環境の中でも立派に成長していけるのです。